婚礼にも通じる!千利休の利休七則

婚礼にも通じる!千利休の利休七則

こんにちは!
フリーランスウェディングプランナー/ウェディングMC
長谷川円香です。

以前より千利休をリスペクトしてます。
千利休を語るほど詳しくはありませんが・・・

全部ウェディングにも通じることだな。
と意識しています。


【利休七則】
1. 茶は服のよきように点て
2. 炭は湯の沸くように置き
3. 花は野にあるように生け
4. 夏は涼しく冬暖かに
5. 刻限は早めに
6. 降らずとも傘の用意
7. 相客に心せよ

自分の理想のお茶を追求するのではなく、
相手のことを考えてときには少しお茶を冷ましたり、
お菓子を食べる速さに合わせたりなどの気配りが必要ということ。

★一部抜粋★
ウェディング向け簡単解説★

4. 夏は涼しく冬暖かに
寒い時期のガーデンでのデザートビュッフェ、ゲストは2人に言わないけれど「寒ッ」と思っていることが多々あるものです。夏は涼しく冬は暖かである。大事なおもてなしの要素の一つですよね。

5. 刻限は早めに
遠方からのゲストが多い場合、赤ちゃん連れのゲストには、オンタイムおひらきが意外と重要だったりもするのです。飛行機の時間や授乳のタイミングが気になることも。

利休七則、深いと思いませんか??

追求していくと
簡単なようで実は結構難しいのです。

本日もブログにお越し頂きありがとうございました。

長谷川

☆★365日★18:00にブログ更新中です!

mail:contact@hasemado.com
TEL: 080-7725-8230