ご先祖に誓う仏前結婚式の実施率は日本では◯%以下の事実

ご先祖に誓う仏前結婚式の実施率は日本では◯%以下の事実

こんにちは!
フリーランスウェディングプランナー/ウェディングMC
長谷川円香です。

日本で行われている結婚式は主に4つの挙式があります。
2019年の結婚式の挙式実施の数字
ざっくりお伝えすると。

キリスト式 約50%
神前式 約20%
人前式 25%
仏前式 0.4〜0.7%
残りは無回答。

純粋なキリスト教信者は1%以下の日本人ですが、
キリスト教結婚式は2組に1組選ばれています。
今日本で一番人気なスタイルと言えますね。

日本のホテルやゲストハウスのキリスト式の結婚式はほぼプロテスタント。
そのためカトリックの宗教儀式ではなく、祝福のためのものだからキリスト式の結婚式をあげてもいいのです。

4つの挙式の違いは誰に誓うか?
というのが主な挙式の違いです。

キリスト式・・・キリストの神
神前式・・・・八百万の神
人前式・・・立会人
仏前式・・・ご先祖様

となってきます。
日本人だからご先祖様に誓う仏前式が多いのでは???
と思うかもしれませんが実際には1%以下なのです。

意外な事実ですが、
一番歴史がある結婚式のスタイルは
人前式(祝言)というカタチです。

きっと世の中的には
神前式が日本古来のスタイルなんでしょ。
と思われている方も結構多いと思います。

そして、一番歴史が浅いのが仏前式。

以前に手がけた仏前式のお客様
私も婚礼業界のキャリアが20年近くあるのですが
実際にはこの1組だけです。

仏前式での一番大切な儀式は
念珠の授与。

貴重な貴重な画像です。

そういうアレコレ、
婚礼ガリ勉は今日もなお追求しています。

本日もブログにお越しいただきありがとうございました。
365日 18:00にブログ更新中⭐︎

質問やお問い合わせは下記から
メール:contact@hasemado.com
ラインID  hasemado55
TEL&ショートメール:080−7725−8230
インスタDM:madokahasegawa
お好きな方法でお願い致します。
48時間以内に返信させていただきます。