プランナーの大事な役割の一つはお二人に恥をかかせない事。

プランナーの大事な役割の一つはお二人に恥をかかせない事。

こんにちは!
フリーランスウェディングプランナー/ウェディングMC
長谷川円香です。

何でもかんでもカップルさんの要望に
「はい!」
「かしこまりました!!」

と言うのがプランナーとして正しいのか?

万が一、それが婚礼の中でのマナー違反だったとしたら・・・?
お二人がやりたいから。どうしてもと言っているから。
とオッケーを出しますか?
もし、ゲストに
ご親族の方もいらっしゃる、
会社関係の方もいらっしゃるのならば尚更です。

・和装神前式の後に(境内で)ジャンプ写真をしたい!!
・ウェディングドレスにヒョウ柄のストールを合わせたい。

お二人は結婚式は初めてだから分からなくて当然です。

ジャンプ写真って元気で自分たちらしい気がする。
ヒョウ柄が大好きでカッコいいからやってみたかった。
SNSで見たし。
と普通に思うかもしれません。

・和装神前式の後に(境内で)ジャンプ写真をしたい!!
境内の中は神様の領域となります。神前式の前にはお清めをして神様に向かいます。
その神社内でジャンプするのはあまりオススメできないです。
結婚式後に神社から出て、別の場所でロケフォトで思いっきりジャンプ写真を撮りませんか?
と提案してみます。

・ウェディングドレスにヒョウ柄のストールを合わせたい。
ヒョウ柄やファーなど殺生をイメージされるものは、ゲストの方によってはマナー違反と感じられる方もいらっしゃいます。それでもよろしいですか?と必ず確認します。
ゲストの前で。というよりは二人の作品としてカメラマンに撮ってもらうのはいかがでしょうか?
と提案をする。とか。

なので、プランナーとして

何でも「いいですね!」ではなくて
ダメなものはダメな理由をお伝えします。

お二人は知らなくて当然なのです。
だって結婚準備は初めてだから。
二人が「どうしても」と言っているからいいや。
と諦めないでほしいです。

【お二人に恥をかかさないこと】
これもプランナーの大事な役割の一つ。

自信を持って伝えてください。
その中で実現可能な事を最大限叶えてあげてください。

本日もブログにお越しいただきありがとうございました。
365日 18:00にブログ更新中⭐︎

質問やお問い合わせは下記から
メール:contact@hasemado.com
ラインID  hasemado55
TEL&ショートメール:080−7725−8230
インスタDM:madokahasegawa
お好きな方法でお願い致します。
48時間以内に返信させていただきます。