バージンロードの色の意味。

こんにちは!
〜家族と家族をつなぐ〜フリーランスウェディングプランナーの長谷川円香です。

バージンロードには「花嫁の人生」といった意味があるのですが
実はバージンロードの色にも意味があるのはご存知でしょうか?

日本の結婚式を思い出すと・・・
多数の方はバージンロードは「赤」といった色を思い出す方が多いのではないでしょうか?

カトリックやプロテスタントによって色が違ったり、
緑や白や赤、国が違えばブルーもあるのです。

そして色によって込められている意味も違います。

赤いバージンロード:「命を共に歩んでいく深い愛情」
緑のバージンロード:「希望」
白いバージンロード:「輝きと命」「勝利と喜び」「純潔」「永遠の命への希望」
青いバージンロード:「果てしなく続く空や海のように永遠に続く愛」

t02200367_0240040011752509747
ロイヤルブルーのバージンロードも素敵です。

これを知った上で二人らしくカスタマイズする!

バージンロードに花嫁の年表を書いちゃおう!という方もいらっしゃいます。

長谷川 
☆★365日★18:00にブログ更新中です!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる