建築家カップル憧れの建造物で叶えた☆
目黒区役所ウェディング

Project Description

■世田谷区在住 M様ご夫妻
■目黒区役所庁舎にて日本初のウェディング
■サポート・・・アシスタントプロデューサー


日本を代表する建築家・村野藤吾氏が手がけたことでその文化的価値を高く評価される目黒区役所総合庁舎で、区としては第一号となるウエディングが2014年5月に執り行われました。

私はアシスタントプロデューサーとして、お二人との打ち合わせから当日の挙式の施行を担当致しました。

お二人は建築関係のお仕事で、憧れであった村野藤吾氏が手がけた建物で結婚式を挙げることにとても意味があったのです。

前例がない“区で初!”の結婚式という事もあり、ゲストの導線や入場退場といった導線、新郎新婦様やご親族の控え室、光の入り方、何もない空間のコーディネートなど
チーム一丸となって様々な問題を一つずつクリアしていきました。

お忙しい新婦様と夜な夜なメールのやりとりをしたのも懐かしい思い出です。

当日は様々な報道機関でも取り上げていただき、お二人やゲストの記憶、そして記録にも残る結婚式だったのではないでしょうか?

半年経ってお二人とチームの皆で打ち上げを行い、写真を見ながら「あの時こうだったよね~。」
「裏ではこうだったんですよ。」実は焦ってました!
「ゲストにこれが好評だったよ~」

などなど・・・と語りながらお酒を酌み交わしました。
こういった人とウェデイングプランナーとのお付き合いが出来るのも、フリーランスならではのお付き合いなのかもしれませんね。

Details

Scroll Up